給付金の金額について


お金現代では医療行為において注射器が使い回されるということはまず考えられないことですし、そのようなことをしていたら重大な医療問題に発展します。かつて国が行っていた集団予防接種によって多くの方がB型肝炎ウイルスに感染しましたし、その教訓もあって今ではすべての医療行為において注射器などの使い回しはなくなっています。国の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方は給付金を支給してもらう権利があるのですが、具体的にいくらくらい貰えるのかというのはもっとも気になるところでしょう。

B型肝炎給付金の金額ですが、これは病態などによって異なります。重度の感染によって死亡した場合、または肝がんや肝硬変などになってしまった方には3600万円の給付金が支払われるようになっています。なお、すでに死亡してしまっている場合だと訴訟を起こすことで遺族が給付金を受け取ることも可能です。軽度の肝硬変だと2500万円、慢性B型肝炎だと1250万円となっています。無症候性キャリアだと600万円の給付金が支払われますし、感染しているにも関わらず症状の出ていない除斥期間の経過した無症候性キャリアだと50万円が支給されるようになっています。