B型肝炎の知識と感染


妊婦さん肝硬変や肝がんといった病気に進行してしまうこともある肝炎。恐ろしい病気でもありますし、実際肝炎が原因で亡くなるケースも少なくありませんから恐ろしいですね。B型肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染することが多く、かつては母子間による垂直感染が多くを占めていました。しかし、1986年からB型肝炎の母親から誕生した子供に対してワクチン接種を行うようになり、これによって母子感染の数は激減したと言われています。また、現在では徹底した感染対策も取られていますし、以前のような感染経路を辿ることはまずなくなっています。

血液や体液を介することで感染するB型肝炎ですから、やはり怖いのは輸血や注射などですよね。実際、注射や輸血といった医療行為が原因でB型肝炎に感染してしまったという話は少なくないのですが、先述したように現在ではそのようなことはありません。注射器も基本的に使い捨てになっていますし、他人の体液や血液がついたものをそのまま使い回すということは絶対にしていません。B型肝炎にかかりたくないのは誰でも同じでしょうが、現在ではB型肝炎ウイルスに対抗できるワクチンが存在しますから、ワクチンを接種することで予防が可能です。