B型肝炎訴訟とは


予防注射B型肝炎訴訟というワードを耳にしたことがある方は多いと思いますが、これがいまいちよく分からないという方も多いでしょう。これを説明するためにはまず国が実施してきた集団予防接種についてお話しなくてはなりません。かつて日本では集団予防接種が行われていましたが、その時に使われていた注射器は医師が使いまわしをしていました。B型肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染しますから、そのようなことをしてしまうと感染が広がってしまうのは当然ですよね。結果、B型肝炎ウイルスに多くの人が感染するという事態に陥ったのです。

現在では国も過去の過ちを認めていますし、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった方に対して給付金の支給を行っています。しかし、B型肝炎ウイルスはほかにもさまざまな感染経路が考えられますし、国としては本当に集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したかどうかを見極める必要があるのです。裁判でしっかりと審議を行い、集団予防接種によって感染したと認められたら給付金が支給されるようになっています。感染が本当に集団予防接種だったということを見極めるために訴訟という手続きが必要になるわけですね。

【参照リンク】B型肝炎給付金とは – アディーレ